茶処静岡の茶園で お茶体験を楽しもう

電話番号 営業時間
お茶工場見学・焙茶工場見学・ミニ歴史館
トップページ > お茶工場見学
 お茶工場を見学しませんか



商品になるまでをみよう! 工場見学(自由見学)


仕上げ加工から袋詰めまでの工程や、お茶の冷蔵庫を
見学通路からガラス越しにご覧いただけます。荒茶
工程は2階のミニ製茶機械展示室か3階ミニラインを
ご参照ください。
また新たに焙じ茶工場の見学も見れるようになりま
した。(このページ下部参照)見学は無料で自由に見
れます。ぜひどうぞ!!

通常、お茶が飲めるようになるまでには、農家による
茶園作りから茶摘・荒茶製造、製茶問屋による流通・
再製加工、小売店による販売、と本来異なる場所で、
異なる時期に行われています。

グリンピア牧之原は、見学対応の総合一貫工場 で、
これら一連の仕事がひとつの建物の中で見学できる
全国でも珍しい施設です。
農家により収穫された生葉は、まず荒茶工場で蒸され
たあと熱を加えながら揉まれていき原料の『荒茶
(あらちゃ)』となります。『荒茶』は製茶問屋の
手に渡り再製加工を加え『仕上げ茶』となります。
『仕上げ茶』は厳しいチェックを受けながら、包装
工場で袋詰めされ出荷されます。

できあがったお茶は直売店『逸品館』にも並んで
います。




再製工場

▲再製工場/2F
商品仕様により、原料(荒茶)の合組—選別・篩分け—仕上乾燥(火入れ)を行いおいしいお茶になるよう商品化していきます。包装工場-sss
▲包装工場/3F
再製工場で仕上がったお茶を各商品パッケージ袋に充填することができる工場です。弊社では主に100g~200gサイズの袋へ詰めることができます。



※個人の方、団体の方共に入館は自由で無料となっています。
※団体でご予約のお客様・旅行社様につきまして、諸般の事情にて現在案内付きの見学が困難になっております。大変恐れ入りますが、自由見学にてお願いいたします。
その他、詳しくはお問い合わせください。

※一年中見学できますが、時期によって一部停止しているラインがあります。

ご予約・お問い合わせはこち


工場見学のポイント


茶摘み荒茶63-x64-s

4立体自動冷蔵庫5包装工場

~その他の工場の見どころ~
◎焙じ茶工場
2015年4月10日(金)より、1階のスペースに焙じ茶
工場の見学スペースが新たに出来ました。第一駐車場から工場棟正面のおおきな”のれん”をくぐって奥に進むと、ほうじ茶工場をガラス越しに見学できるようになっています。ほうじ機械の稼働時には、香ばしい香りを楽しむことができます。

※一年中自由に見学できるようになっておりますが、その日の受注具合によっては一部停止している機械もあります。
 P3312468-sssP3312475-sssP2162407-sssIMG_0180-sss



◎ミニ歴史パネル館&ミニ製茶機械展示室
「牧之原・歴史の小部屋」
2015年4月に、工場見学通路の2階スペースへ「牧之原・歴史の小部屋」と題して、牧之原の歴史等を紹介した歴史パネル館と製茶工場で実際に使用していた機械展示室を開設しました。

・ミニ歴史パネル館では、主に牧之原大茶園を開墾した歴史についてや牧之原を代表するお茶「深蒸し茶」の紹介や効能などをイラストを使ってわかりやすくパネルにしてあります。

・製茶展示室では、昭和初期に実際に使用していたお茶を製造する製茶機械5台を、実際に稼働するようにしております。茶葉を蒸す蒸し器から、茶葉を揉んでいく機械4つ(粗揉機・揉捻機・中揉機・精揉機)の稼働状況を間近で見れます。

※稼働中の製茶機械は触ると大変危険ですので、お手を触れないようにお願い致します。





2階歴史パネル&ミニ製茶機械展示室④-sss2階歴史パネル&ミニ製茶機械展示室①-sss
 ↑ミニ歴史パネル館

2階歴史パネル&ミニ製茶機械展示室②-sss2階歴史パネル&ミニ製茶機械展示室③-sss
 ↑ミニ製茶機械展示室


株式会社喜作園

静岡発、世界初のお茶づくり。緑茶製品の製造販売・株式会社喜作園

グリンピア牧之原

広がる大茶園で、お茶体験からショッピングまでお茶を楽しむグリンピア牧之原

グリンピア牧之原ネットショップ

喜作園の商品をご購入ならネット通販サイト「グリンピア牧之原ネットショップ」へ

このサイトはSEO対策フリーコード」で作成されています。

powerd by AdTECHNICA